絶対に防ぎたい!紫外線のダメージから身を守る方法


紫外線は肌の大敵です。UVケアをせずに放っておくと様々な肌トラブルのリスクが高まります。健康的な肌を保つためにも、紫外線対策は徹底しなければいけません。
今回は紫外線のダメージから身を守る方法について紹介します。

紫外線とは?どんな影響があるのか

紫外線が有害なものというのは知っていても具体的にはどういったものなのかをご存知でしょうか。紫外線は太陽から地球に降り注ぐ太陽光線で、UVA・UVB・UVCの三種類があります。UVCは地表までは届かないため、UVAとUVBが人間にとって有害な紫外線になります。UVAは肌に当たると日焼けやシミ・ソバカスを引き起こします。また、UVBはUVAの最大で1000倍ほど有害性が高いとされ、肌の老化、炎症、皮膚がん、白内障の原因になります。皮膚がんや白内障を引き起こす可能性があると聞くと紫外線が途端に危険極まりないものに感じられます。UVBは全体の約10%しかありませんが注意と対策が必要です。

ブルーライトも十分危険

スマートフォンやPCから出ている「ブルーライト」は紫外線に次ぐエネルギーと、UVBよりも肌の奥に入り込む性質があります。ブルーライトを浴びるとシミができやすく、肌のつやがなくなり、シワができやすくなります。PCやスマートフォンにブルーライトカットの機能があるなら必ず使用し、ブルーライトカットの機能のある眼鏡などを付けて作業をしましょう。

日焼けはなかなか侮れない

夏場に屋外で活動していると日焼けになります。 このときの日焼けは「日光皮膚炎」とよばれ、やけどの一種です。軽度であれば皮膚に赤みがでる程度で済みますが、重症化すると水ぶくれや色素沈着を起こします。適切なケアをして少しでも皮膚のダメージを軽減しましょう。前述のとおり日焼けはやけどの一種なので、ケアの仕方もやけどの時と同じで氷で冷やすと効果的です。水ぶくれができてしまったら雑菌が侵入するのを防ぐために潰さないようにして、皮膚科を受診するか軽度の場合は皮膚が再生するのを待ちましょう。
潰してしまうと痕が残ってしまうことがあります。

おすすめの紫外線対策

では、どういった紫外線対策が有効なのでしょうか。色々な紫外線対策を覚えて紫外線から肌を守るようにしましょう。

日焼け止めを塗る

基本中の基本ですが、日焼け止めは必ず塗りましょう。
夏場はもちろんですが、意外と紫外線の強い冬場や紫外線が届いていないと思いがちな曇りの日も意識して日焼け止めを塗り、紫外線対策をしましょう。日焼け止めは紫外線対策として一年中有効な手段とされています。
ちなみに日焼け止めに記載されている「SPF」はUVBを防ぐ数値、「PA」はUVAを防ぐ数値となっています。自分にあった日焼け止めを使いましょう。

美白化粧品

日焼け止めと合わせて使いたいのが美白化粧品です。美白化粧品は紫外線によるシミ・ソバカスを抑制するだけでなく、大気汚染などにも効果を発揮し、肌トラブルから総合的に守ってくれます。
夏場のような紫外線の強い時期は美白化粧品も合わせて使いましょう。

UV対策アイテムを活用する

最近は紫外線対策アイテムが充実しています。定番なのはやはり日傘で、最近では女性だけでなく男性も使っている姿を見かけます。他にも帽子やサングラスといった紫外線対策用のアイテムを積極的に活用しましょう。

おわりに

今回は紫外線のダメージから身を守る方法について紹介しました。紫外線は私たちが思っている以上に危険な存在です。夏場だけでなく年間を通してしっかりと紫外線対策を行い、ダメージから肌を守りましょう。