美白になるためにやっておきたい5個の方法


最近では男女を問わず、美白を目指している人が多いそうです。美白になりたい人が押さえておくポイントがあるのをご存知でしょうか。今回は美白になるためにやっておきたい5個の方法について紹介します。

美白になるためにやっておきたいこと

最近は美容に関しての研究が進み、美白になる効果的な方法がいくつかることが明らかになりました。美白になりたいと考えている人はぜひ実践してみてください。

ポイント1:毎日のように日焼け止めを塗る

日差しが強い夏場にしか日焼け止めを塗っていない人は多いのではないでしょうか。日焼けの原因となる紫外線は季節や天候に関わらず、毎日降り注いでいます。 くもりの日や冬場などはあまりイメージがしにくいかもしれませんが、確実に紫外線にあたっているため、美白からは遠ざかっています。
また、紫外線には皮膚がんや白内障を誘発するおそれのある「UV-B」というものがあります。UV-Bによる健康被害を防ぎ、美白を手に入れるためには毎日のように日焼け止めを塗るようにしましょう。ちなみに日焼け止めに記載されている「SPF」が「UV-B」を抑制する数値で、「PA」は「UV-A」という日焼けやシミをの原因になる紫外線を防ぐ数値です。

ポイント2:美白化粧品を使う

当たり前のことですが、美白化粧品を使うようにしましょう。日焼け止めとの併用が望ましいです。
日焼け止めが紫外線を防ぎ、美白化粧品はシミの原因になるメラニンの生成を抑制します。メラニンは紫外線に対する防御反応でもありますが、美白にとっては大敵です。日焼け止めと美白化粧品を併用することで、メラニンの役割を日焼け止めに肩代わりしてもらい、健康的に美白を目指すことができます。

ポイント3:食事でも美白

美白効果は食事からも期待できます。特に効果的とされているのは「トマト」と「柑橘類」です。トマトには「リコピン」という有名な成分が含まれています。このリコピンは美白化粧品と同じようにメラニンの発生を抑制する効果があるとされ、注目されています。柑橘類には「ビタミンC」が豊富に含まれています。ビタミンCにはメラニンを抑制し、肌のターンオーバー(新陳代謝)を整える効果があります。
難点としてはビタミンCが水溶性のビタミンのため、体に蓄積されずにすぐに抜けていってしまう性質があるということです。意識して頻繁に摂取するようにしましょう。

ポイント4:睡眠の質を上げる

美白には質の高い睡眠が重要です。忙しいとなかなか疎かになってしまいがちですが、夜の22時から2時の間は肌にとって大切な時間帯で、この時間に肌の新陳代謝は活発になり、新しい肌が生まれます。この肌にとって大切な時間に良質な睡眠をとっていると、良い肌がつくられます。美白や健康的な肌を目指すなら、この時間帯を必ず意識しましょう。
最近はアロマなどを中心に安眠効果のあるグッズが増えてきているので、それらを利用してみるのもおすすめです。

ポイント5:血行を良くする

人間の体にとって血行はとても重要です。日頃から運動をしたり、温かい湯船に長めに入ったりして、血行を改善しましょう。肌の代謝が刺激される、体内の老廃物が排出されやすくなる、冷え性などの体質改善につながるなど、様々な効果が期待できます。美白になるためには健康な体質になることも大切な要素といえるので、ぜひ実践してください。

おわりに

今回は美白になるためにやっておきたい5個の方法について紹介しました。美白になるためには、これらのポイントを欠かさずに続けていくことが大切です。大変かもしれませんが、継続していれば憧れの透明感のある美白を手に入れられる可能性がでてきます。ぜひ頑張ってください。