正しい方法で洗顔しよう


洗顔には正しいやり方があり、間違ったやり方を続けていると肌トラブルにつながってしまいます。いい洗顔フォームを使ったり、洗顔後のケアにこだわったりしても正しい洗顔方法をしていないと効果は期待できません。今回は正しい洗顔方法について紹介します。

間違った洗顔方法とは

まず、間違った洗顔方法とはどんな洗顔方法が当てはまるのでしょうか。正しいと思ってやってしまいがちな間違った洗顔方法を紹介します。

冷水・お湯で洗顔している

冷水で洗顔すると毛穴が引き締まり、しっかりと洗顔をしたような感じがします。しかし、実際には冷水が顔の毛細血管に刺激を与え、急激に冷やされたために縮まっている状態です。
冷水で洗顔を続けていると赤ら顔や乾燥肌といったトラブルを引き起こす原因になることもあります。また、お湯も肌にとっては刺激になります。お湯で洗顔すると毛穴が開いて汚れが落ちるイメージがありますが、温度が高いと必要な皮脂まで落としてしまったり、肌にダメージを与えやすくなってしまいます。洗顔にはぬるま湯がいいとされています。

強く擦る

顔の油分や汚れをしっかり落とすために強く擦ってしまう人やニキビができたときはいつもより念入りに洗ってしまう人は多いのではないでしょうか。 洗顔のときに強く洗ってしまうと肌が傷つき、乾燥肌や敏感肌になりやすくなります。また、二キビができたときはしっかり洗って汚れを落とすほうが良いイメージはありますが、それによって別の場所が炎症を起こしてニキビができたり、ニキビが悪化してしまったりする可能性があります。ニキビができたらあまり強く洗わず、薬を塗るか皮膚科を受信するなどの対策をとりましょう。

洗う回数が多い

秋冬のような乾燥して顔の脂が多くなる時期はやってしまいがちですが、1日に何回も洗顔をしてしまうと顔に必要な分の皮脂まで落としてしまい、乾燥したり、余計脂っぽくなったりします。洗顔料を使った洗顔は多くても2回程度に抑えましょう。正しい洗顔方法と思って実践していたものがいくつかあったのではないでしょうか。これらの方法で洗顔を続けていると乾燥肌や敏感肌になりやすくなってしまうので注意しましょう。

正しい洗顔方法

では、正しい洗顔方法とはどういったものなのでしょうか。ポイントごとに紹介します。

ポイント1:ぬるま湯で顔を洗う

洗顔をする前に一度ぬるま湯で顔を洗います。ぬるま湯で顔を洗うとお湯よりも刺激が少なく、毛穴が開いて汚れを落としやすくなります。また、顔を洗う前に手を洗っておくと、手の雑菌が顔にいくのを防ぐことができます。しっかり石鹸などで洗いましょう。

ポイント2:よく泡立てる

強く擦らずに汚れを落とすためには泡が重要になります。しっかりと泡立てることで、顔を強く擦らなくても汚れが泡に吸着するので簡単に汚れを落とせます。泡ででてくるタイプの洗顔料や泡立てネットを使うのもおすすめです。

ポイント3:優しく洗う

泡を肌に押し付けるようなイメージで円を描きながら洗顔します。皮脂が多いおでこ、鼻、あごといったTゾーンは優先的に洗いましょう。皮膚の薄い部分は洗いすぎると乾燥しやすくなってしまうので、目元などは泡をのせるようにゆっくり洗いましょう。

ポイント4:清潔なタオルでしっかり拭く

ぬるま湯で顔をすすいだら、最後に清潔なタオルで顔を拭います。このときにゴシゴシと強く顔をぬぐってしまうと肌に傷がついてしまい、せっかく正しい洗顔をしてきたのに台無しになってしまうの注意しましょう。顔を拭いた後は化粧水などで保湿をすれば完璧です。手間がかかるように感じるかもしれませんが、間違ったやり方で肌トラブルを招いてしまうよりはずっといいと思います。正しい洗顔方法を実践して健康的な肌になりましょう。

おわりに

今回は正しい洗顔方法について紹介しました。間違った洗顔方法を長年続けていた人も多いのではないでしょうか。そういった人は正しい洗顔方法に変えると少しずつ肌トラブルが解決していくこともあるので、ぜひ実践してみてください。